ビーグレンデンタル

ホームのホワイトニングの安全性

歯のホワイトニングをしたいと考えていても、その安全性はどのようなものなのか、気になりますよね。
多くの歯科医院では消毒液として用いられている過酸化水素水を使用しているところが一般的です。
私たちの生活ではオキシドールとも呼ばれているものです。

 

また、自宅で行るホームホワイトニングで用いられているのは主に過酸化素によって私たちの歯は漂白されているといってもいいでしょう。
これらの薬品は安全性が認められていて、発がん性などの問題はないとされています。

 

しかし、高濃度の薬剤は歯を溶かす危険があるといううわさがあります。
確かに薬剤を使用することによって一時的に歯のカルシウムが溶けだす場合がありますが、処置を施した後1時間以内に再石灰化という作用が起こり、もとの状態に戻ります。

 

この作用は私たちがコーラを飲んだ時にも起こっているもので、ほとんど問題がないといえます。
歯科医院で行われているホワイトニングは専門家が行っているため、安全性は非常に高いものです。

 

また、国内で販売されているホームホワイトニング剤についても日本の厚生労働省の厳しい基準をクリアしているものですが、もしも個人輸入でホワイトニング剤を手に入れるのであれば、アメリカのFDAが認証したものなどを選ぶことで安全性は保障されるのではないでしょうか?