ビーグレンデンタル

ホームホワイトニングをすると知覚過敏になりやすいのは何故?

冷たいものや熱いものを口にしたときに痛みや刺激を感じることを知覚過敏とよんでいます。
これは、歯の表面を覆っているエナメル質の内側にある象牙質にある近くに何らかの刺激が伝わったことで起こる現象です。

 

ホワイトニングをした後に、この知覚過敏が起こりやすいといわれています、それは、ホワイトニングで使用した過酸化水素水や過酸化尿素などの薬品を使用しています。
これは傷口に消毒液をつけているのと同じで、虫歯などによって象牙質が剥きだしになっている状態にあれば、しみやすくなっているのです。

 

使用する薬品の濃度が高いものを使用すれば、それだけ知覚過敏のリスクが高くなるとされています。
また、歯周病がある場合や、歯が擦り減っている場合、表面にひびなどがある場合にも同様のことが起こり得ます。

 

さらに、歯の表面のエナメル質の表面にあるぺクリル層が歯がされていることが原因のひとつです。12時間から24時間で再生することが可能ですが、再生するまでは外部からの刺激を受けやすいため、注意が必要です。

 

そんな方は、美白力は劣りますが、知覚過敏対策したクリーム、エリカホワイトニングクリームが良いかもしれません。